FC2ブログ
2021/04/12 19:15:14

20210412




スポンサーサイト



2021/04/01 17:02:49

リョナ    ⑪



2021/03/23 18:51:16

20210323    学校教育の社会に殺されてきた   心   その2



悪い夢をみた。悪夢だ。家族・社会にいびられぬいた夢だ。悪夢だった


たとえばプロになりたい。プロ選手になりたい。なにかのプロに。なりたかったけどなれなかったひとは。自殺してもいいのではないか。そんな事をおもった。いえば刺し違えても・・・ゴニョゴニョ


ふつうにやっていけないなら死ぬだけだよ。という気もちもわかるし。これだけ散々な心境にさせられているのだから 俺は自殺組だ 今輝いてる人・それを応援してる連中を巻きこんで爆死する・・・という選択肢もある



しぬほどめんどくさい。けど自分の死の瞬間がみえた。日だった  しんでもいいんだよ。俺は 栄光と成功の人生をあゆんでる連中とは一線を画す  うわーめんどくせー 死んでもいいー  と思ったね

















s2 20210323




古い人は死ぬべきだ  へたすりゃ危険しそうだ そうさせたのはまぎれもなく社会だ 俺をマトモじゃないとしたんだから 殺しにきていたんだから  それが社会 というのは ありえるのか???


後藤輝樹のような 情 を大事にする社会がやっときた 俺は・・・ つかれた




r 20210323




さすがなので 撮った動画からキャプ




r3 20210323




どうなるストーリー




r2 20210323




r5 20210323




素晴らしいけど。かんぜんに大人むけじゃないか。な。6000¥なんてすぐにとんでいってしまうから子どもにはやらせられないだろこれ。かんぜんにサガ世代ゲー しかしフェス期間にはじめやすいようになっている はじめるなら今


















m 20210323




普通にやっていける!とおもっていたのに・・・ 栄光とはほど遠い ブッ殺してやる!を反転させてエネルギーにするのだからやばいよ 死んでも殺しても、いいんだから



システムってすごいなーとは思うが。すごいが 犠牲もすごい
2021/03/16 17:04:22

リョナ    ⑩

2021/03/11 01:18:53

20210311    ギリギリ  /  陰と陽

仕事に復帰して配信両立をめざすもの・・・ 配信一辺倒でいきるもの・・・ 色々ないきかた・・・ 自分のいきかたをする



ただ罪と罰  罪と罰はあって 因果応報は あって 俺は その報いは 十分に もう うけている  これ以上苛められるのであれば人を殺してしまうかもしれない しかしそれは 罪 人殺しは罪


自分の罪 罰  ギリギリでいきる事になる   罪をおかせばそれは自分にかえってくる 罰   生 死   勝ち負け    生きる事は死ぬ事 死ぬ事の反転は生きる  殺すは生かす





今はやっていかないといけない 死ぬ・殺す。じゃなくて。たんじゅんに死ぬ・殺す。はそこでみちがおわってしまう。一旦。生きる・いかす。それは自分の仕事をする事。自分の生きること。 今は自分の生きるみちをとる。それをしよう。と思う。今ひとを殺す事は一応おいておいて自分を生きるみちをすすんでみよう。と思う 今どっちをとるか。自分を生きるみちをとるよ 命をかける。なら  自分のみちを生きるよギリギリで













聖書箇所:マタイによる福音書5章1~12a節

1 イエスはこの群衆を見て、山に登られた。腰を下ろされると、弟子たちが近くに寄って来た。
2 そこで、イエスは口を開き、教えられた。
3 「心の貧しい人々は、幸いである、/天の国はその人たちのものである。
4 悲しむ人々は、幸いである、/その人たちは慰められる。
5 柔和な人々は、幸いである、/その人たちは地を受け継ぐ。
6 義に飢え渇く人々は、幸いである、/その人たちは満たされる。
7 憐れみ深い人々は、幸いである、/その人たちは憐れみを受ける。
8 心の清い人々は、幸いである、/その人たちは神を見る。
9 平和を実現する人々は、幸いである、/その人たちは神の子と呼ばれる。
10 義のために迫害される人々は、幸いである、/天の国はその人たちのものである。
11 わたしのためにののしられ、迫害され、身に覚えのないことであらゆる悪口を浴びせられるとき、あなたがたは幸いである。
12 喜びなさい。大いに喜びなさい。天には大きな報いがある。


http://www.shalomchapel.com/sekkyou/sekkyou-2005/05-1-30.html









K 20210311