FC2ブログ
2020/02/11 22:44:20

20200211

書くこと書いたんだ。それは俺が律儀だから、リハビリ・リスタートのブログ、日記だったという当初の目的通りに出来た。日記すら書けない人生投げた状態、といえばそうだったろう。普通にやっていける人たちからしたらあり得ないだろう。

それどおりに自分の立てたスローガンは捨てないし、生きる死ぬ、生きるか自殺するかは流れ次第だ。

やっていくにあたって自分の過去に打ちのめされてないといけなかった。普通に生きていける人たち(この場合の著者の意図を解せよ)は、天国に生きてるんだろう。そういう意味ではこの世は天国なんだろうな。俺には縁がないが。

こんな自壊なんて不要らないんだよ、普通の人たちからしたら。不要らない文章。いかに俺がだめか。そしていかに俺が、いちるの「自分らしさ」に懸けているか。

マドモアゼル・愛先生のおかげであるよ。再度立ち上がる際に、俺みたいなやつは個性(殻木)で立ち上がるしかないんだ。それでこの社会で、世の中でいつまでもつか、という。普通に生きていける人は幸いである。やっぱ天国に生きてるよね。


愛先生から学んだことから考えた自分のスローガンは、生きるか自殺するかの瀬戸際でも忘れない。そういう頭になっているから、生きても死んでも納得出来るのではないか。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント