fc2ブログ
2020/08/04 14:47:01

20200804

世の中がこういう風に絶望してる。世の中はこっちだよ。と誘導する。それであってるかもしれないし間違ってるかもしれない。どっちにしろ世の中は責任を取らない。「だって全て手前の責任だ」という。世の中は謙遜しない。


俺はこんな世の中に一度絶望して、死のうとして、戻ってきた。原発事故もあり。社会問題があって。これからの社会はなんでもござれだ。恐ろしいな。俺は躁鬱病で入院して、自分の人生は終わった。というところまで体験した。やり直しだ。


飛び降りは最後の手段。首吊りは痛いよ~アレ。首吊った人の表情はにがにがしいけど、飛び降りた人の顔は爽やかなんだよ。


命を削る日々・芸術から、命をひろげる生活・芸術へ。なんて考えだした。描いて、描き続けて。色々する。色々したいね。信じられない事に絵に関しては鬱状態のときは一切ヴィジョンみせてくれなかった癖に。今みえる。描く絵がみえるんだよ。こういうところなんだよ。遺書を書き留めてるときにも描いていたけど、そんときに自分がああ生きれるな、という絵がラフでも描けていたら。運命は非道。だからイヤになるんだ。


自傷行為があって。女子アナブームがあって。ブンブン。今日の文章はコピペ用です。毎度同じ事書いてもね。


俺は俺の生活ファースト。そーいう中で自分を総括して俺のロール示す事ぐらいが人に対しては出来る事かな。と思ってる。だいたい死ぬかもしれないし。こんな俺が選んだ生きる道は長くねーかもしれない。けど、俺は自分はこうだ。というスタンスは取ってる。そこの人間らしさは人に残していけるもの。デスクリムゾンからボルソナーロまで。




阿部隆人
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント