fc2ブログ
2022/08/19 23:58:17

20220819     ビートたけし さんま タモリは  すっからかんで あった    日々生活              


おれが失敗したのは  じぶんのごうまんさ  じみちさのなさ  自然さ のなさ    そして 恩師 に あえなかった事だ    ひと というのは  会ったひとによって  ぜんぜんちがう人生 に なってしまう              


しょうもないひとたちを 大将として あおってきたら  滅亡する   ちなみに ビートたけしの映画は 全滅 である    奴隷の映画   テレビは  ウクライナについて マスクも ワク チンの なにも 伝えきれない    NHKなんて 民放レベルなのに  お金を 強制的に 奪ってくる    まさに 奪い 奪い 奪われ おどされ  どうかつ される人生 にだけ なっちまう    


おれも もっとしたたかさが 必要 であった    じみちに 自然に  じぶんのもっている正当性 ( それは えんりょも はいりょも ある ) を うったえて 生きる べきだった   そうでなければ 一生 おどし おどし おどし 嘘を たれながされ  ひとを 傷つけるだけ    おどし おどし の 人生 に なってしまっていた    ビートたけしや さんまや タモリは  すっからかんなのだから クオリティーがない   それは しぬほど薄いカレーを めちゃ旨い濃いカレーと おもわさせられていたように  もやのかかった  ひどい味 だった    まさしく スチールのような ビニールのような  糞だって もっといいにおいがするだろう    うっすいビニールのような味は それそのものなのだから  そういう味なのだから    フルーティーで美味しいカレーには かなわない🌻              



まさしく マスゴミ社会であった   ヒカキンや鬼滅の刃 だけが 希望 だ    YOUTUBE TIKTOKだけが 希望 だ    ヒカキンが テレビを しょうあく してくれて よかったよ              


じぶんのかんがえ じぶんの感性 を   ちちおや ははおやに 殺されてしまえば  自殺 か かんまんな自殺 か    社会的に自殺させられて生きる なら  どっかで じぶんの判断がいるのだ    こんなの 加藤諦三せんせいや明川哲也さんが ずっと 言ってきたことだ    ジョン・F・ケネディだいとうりょう  や ガンジーやマルコムXの  1000分の1 でも ひとは がんばらなければいけないとき が あるのだ    じぶんのちから を つかうときが あるのだ    それはスポンサードとか 企業とか  やたらめたら 利用 されるものじゃない    もっと大事なものは 大事なのだから  ぶちぬけるところにある      


ビートたけし や 明石家さんま タモリについていく くらいなら   ジョン・F・ケネディだいとうりょうや ガンジー マルコムXのたましい と 一緒にいたほうがいいし   なにより やっぱり ヒカキンだね              


























自分の素晴らしさに気づいてますか (単行本) 単行本 – 2021/6/30
マドモアゼル・愛 (著)





















マルコムX(上):伝説を超えた生涯 単行本 – 2019/1/25
マニング・マラブル (著), 秋元 由紀 (翻訳)






















アパルトヘイト Kindle版
山崎雅弘 (著) 形式: Kindle版







































おれは まじめさを 発揮しようとしているわけではない   生きているうちは  じぶんのまじめ を 誰だって どこかで 発揮しているし ( あの せいかくの悪いシバターでさえ  格闘技 じつりょく かんけいなく  ねっちゅう しているのだ )   誰だって ただ純粋に 部活に むかっていったり  将来に なやんだり  そんなときは あるのだ    なぜここまで  ひとそれぞれの じぶんのかんがえ  じぶんの感性 が  打ちこまれなければいけないのだ    ❓❓    ワク チン4はつ ぶちこまれるように   まさしく 努力が 利用されるほうに つかわれてしまう    干上がって 干上がって 干上がって   おわりだ    ただ ふつう に そう思うだけだ              


























YS   20220606      













YS2   20220606      














YS3   20220606      















AKR   20220606      













AKR2   20220606      













AH   20220606      













ASNJ   20220619      













ENZ   20220619      













SSKT   20220819      




























































スポンサーサイト



コメント

非公開コメント