fc2ブログ
2023/07/10 14:29:08

20230710     時透無一郎にみる 自殺・犯罪・殺人しない エネルギーが出る生き方 ( 改訂版 )   ニコ生は 日本のインド     日曜日          


前かいたぶんの改訂版だけど けっこうしっかりかけていた



ブログの用途もかんがえていく   よんでくれて感想くれた人がいた 助かった  書いていて よかった

ブログやyoutube とにかく じぶんの気もちを書くと助かる   気持ちエエ~   それだけ 溜め込んでいる という事



俺は自我執着をしていた   誰だってそうだ 名声・評価・評価型経済 就職なのだから ( そこが 自己実現に結びついてる )   そのイヤミさをおれは 無意識に 感じていた  矛盾    その評価型経済が 就職が  その世の中 成りたたなくなってきた となれば  抹消されてきている   となれば  今までの常識が壊れてきた と言えばいいけど  かなり 狂ってきている   混乱のじょうきょうにある   と言う事になる


世の中はこのように 気まぐれで くるっていて  人を入れようとすれば 排除して ( 日に日に  排除 ❢ 排除 ❢ 排除 ❢ の空気が つのってきている )   2020ねんなどから とにかく めちゃくちゃなじょうきょうで   安心の体験・じょうきょうを 与えてもらえる事ができて 幸福だった    ギリギリ自殺せずに 生きている事ができている   非常に危惧しているのは コロナ マスク ワ〇〇ン社会が えんえんと間延びしていく事だ   これは 学校・就職・社会  すべてに歪 ( ひずみ・ゆがみ ) をつくっている    上記の事をかんがえてもらえれば  犯罪・自殺・殺人社会にむかっていっているという事は 想像つくでしょう


ぼくは ぼくを相手にしてくれる人たちが すこしでもいたから  犯罪・自殺・殺人にむかわなかった だけだ   と言える    これは 誰にでもあてはまるだろう   そんなじょうきょう なのだ


へずまりゅつとしーちゃんの結婚もあったけど  へずまりゅうとしーちゃんの 感情を出しあう恋愛が 結婚が ふつう だろう
へずまりゅうとしーちゃんが まとも ふつう とは これはいかに   地上波・テレビなどは こういう話をする事は ないだろう   あの人たちは まともではないから  ・・・ とぐらい 嵐のようなバッシングされそうだけど
それだけ めちゃくちゃなじょうきょう なんだ   なんだか うんざり してくるね







自我執着 じぶんの日々生活をおくるけど  無になる   じぶんの日々生活をおくるけど 無になる   それは 鬼滅の刃の時任無一郎の  じぶんの生き方をしようとする → 失敗して 人に みんなに助けられる → だから 無限の力を出せて  じぶんの日々生活を おくりながら ( 自我執着してるけど 無 なんだ ) みんなと共に生きられる  ぼくは幸せになっていい   というメッセージが 来るものがある    じだいが変わったから  金ローれんぱつ 「 君たちはどう生きるか    ❓❓ 」 なんて ジブリには ついていけないのではないか    ❓❓

無 無限の力   その無というのは 今のインターネット個人配信の事で  有名であろうが無名であろうが  じぶんとして在る  という事    ヒカキンや加藤純一にはなれない 大手だとか関係ない   誰にでも 無があって  それを無にしたままか  無限にするか  誰にでも チャンスがある     ヒカキンとはじめしゃちょー と 誰にもみてもらえない配信者には 差はない   あるのは 安心の人間関係が構築されているか だけだ ( ヒカキン・はじめしゃちょーは 1人では たたかっていけなかった   じぶんを出して みんなと共に生きるときめているから  やっていけるんだ )



そーいう意味では youtubeはああいう風に成功して  ニコ生は スラムかインドになっている   日本のインド   めっちゃ格差社会だけど
良い事なんだ  川は下に流れる  清らかなものは下に流れる   という事    案外 今 ニコ生の方が元気で  明るいのかもしれない   安心なのかもしれない  コミュニティが 素直 なのかもしれない   今 のニコ生 スラム系のインターネットワークみてるだけで  実は元気になってくるかもしれない   じぶんも コミュニティに入ってみよう とか コミュニティを つくってみようと感じられるようになるかもしれないよ















MICRO  20230702




















CHR   20221019          








































YS   20220606      













YS2   20220606      













YS3   20220606      













AKR   20220606      













AKR2   20220606      













AH   20220606      













ASNJ   20220619      













ENZ   20220619      













SSKT   20220819      



























































スポンサーサイト



コメント

非公開コメント